交通事故での弁護士相談|高次脳機能障害でお悩みの方へ

ご相談はこちら

代表的な判例一覧

交通捜査活動を視点を変えて見直す斬新な立証方法をフルに活用。事故原因の見直しにより過失割合に苦しむ被害者を救済!厳密かつち密な立証方法により、多くの逆転判決を獲得しています。

死亡事故の代表的な逆転判決

警察も証明できなかった加害車両の危険運転を認めた例 (裁判例1)
反対尋問などで加害車両のローリング走行を証明 2002年確定 東京高裁 【一審】千葉地裁管内

目撃者の証言から加害者の言い分が虚偽であることを認めた例 (裁判例2)
加害者は刑事事件で不起訴処分になるも、民事裁判結果を受け改めて起訴、有罪が確定 2002年確定 東京高裁 【一審】千葉地裁管内

和解直前で代理人交代。相手側が主張する一方的な過失割合を大幅に覆したケース(裁判例4)
不本意な和解案に流されず、思い切って当ネットワークに相談に来られたことが、結果的によい結果につながった
2009年確定 横浜地裁管内 (判決)

徹底的な調査と証人尋問で、「死人に口なし」の目撃証言を完全に覆した事例(裁判例5)
徹底的な事前調査や法廷での反対尋問によって、目撃者の虚偽証言を完全に突き崩すことができた。 2009年確定 東京地裁管内 (判決)

遷延性意識障害の代表的な逆転判例

「非接触」という相手側主張を頭蓋骨の骨折形態等で立証 (裁判例3)
1歳の幼児にも男女平均賃金を認めた画期的判決 2004年確定 東京高裁 【一審】さいたま地裁管内

事故態様や損害費目の一つ一つを緻密に立証(裁判例5)
飲酒運転の加害者に、多額の賠償を認めた画期的判決 2005年確定 東京高裁和解 【一審】千葉地裁管内

「遷延性意識障害者の平均余命は短い」という損保の主張を覆した事例(裁判例6)
意識のない原告に代わって現場調査を徹底。被害者過失50%主張を5%に減縮 2008年確定 名古屋高裁管内(和解) 。

高次脳機能障害の代表的な逆転判例

信号の色をめぐる証言を高裁で検証し逆転 (裁判例3)
高齢者にも休業損害と逸失利益を認めた事例 2003年確定 【最高裁】 【二審】東京高裁 【一審】宇都宮地裁管内

主婦である被害者に高額慰謝料、住宅改造費などを認めた例 (裁判例5)
加害者の虚偽証言に4,000万円超の懲罰的慰謝料を認める 2001年確定 青森地裁管内

2級に極めて近い3級脳障害者に、高額介護料を認めた例 (裁判例7)
家族の「陳述書」や医師の「意見書」が立証の決め手に 2002年確定 【二審】東京高裁【一審】さいたま地裁管内

物損示談の過失割合を民事裁判の判決で大逆転した例 (裁判例23)
人身傷害保険で原告の過失分をすべてカバー 2008年確定 名古屋地裁管内 (判決)

等級アップと過失割合の逆転により高額での和解成立 (裁判例28)
母親の陳述書で障害の重さと介護の過酷さを緻密に立証 2008年確定 松山地裁管内 (和解)

重度脊髄損傷の代表的な逆転判例

加害者の「ウソ」を崩し、中央線突破を立証(裁判例5)
「無責」事案が、高裁で「加害者70%過失」に大逆転 2006年確定 名古屋高裁 【一審】名古屋地裁管内